新築、リフォーム、ガレージを求める施主が来場する日本最大級の住宅専門展
貴社の新規顧客獲得、ビジネス拡大につながる住宅商談会です

参加者インタビュー I様邸「理想の住まいプランニング」ご案内ページへ

参加者インタビュー

「理想の住まいプランニング」企画で立った家、建て主の本音、聞かせます。
今回の建て主
今回のつくり手
O様一家のプロフィール

夫(47歳)会社員、妻(45歳)グラフィックデザイナー、長男(11歳)、犬(生後3か月)

O様一家のプロフィール
2012年5月
理想のプランニング企画に参加、リフォームプランを提案
2012年6月
M設計工房と初回打合せ、及び、現況住宅調査
2012年
6月~12月
リフォーム計画案と建て替え計画案、2種類のプラン提案と打合せを数回おこない、建て替え計画で進めることになる
2012年12月
M設計工房と設計監理契約
2013年1月~2013年12月
実施設計、業者見積調整、各種申請業務、工事契約
2013年12月
着工
2014年7月
本体引渡し
2014年9月
外構工事完成
M設計工房・三竹忍さん
三竹忍さん

1968年 神奈川県横浜市生まれ
1987年 COMME CA DU MODE 勤務
1993年 カトー研究室 勤務
1995年 平尾寛設計事務所 勤務
2000年 M設計工房 設立、現在に至る


趣味はランニング、フルマラソンに挑戦中。料理が好き、料理をしている時が一番落ち着きます。地域の福祉活動に参加して8年目になります。

M設計工房・佐藤隆志さん
佐藤隆志さん

1965年 北海道札幌市生まれ
1993年 DON工房 勤務
1995年 平尾寛設計事務所 勤務
1999年 TO/MS ROOM 設立
2012年 M設計工房共同設計者として参加


趣味は読書、建築関連から経済まで幅広い本を読みます。
建築探訪をしています。

自分たちの分らないことが明確になる
今回は埼玉県川口市に暮らす、40代のご夫婦とお子様1人の3人家族、O様邸を訪ねました。
O様は2012年の「理想の住まいプランニング」企画に参加され、そこで出会ったM設計工房の三竹忍さんと家づくりを行いました。
「理想の住まいプランニング」企画に参加されたきっかけは?
O様
当時暮らしていた築40年の木造住宅が、東日本大震災でダメージを受けました。屋根の瓦がずれ、壁に大きなひびが入りました。何らかの手当が必要でしたので、リフォームと建て替えの両方を検討することにしました。双方を検討したのは、その家を中古で買ったときに、「法規の関係で、建て替えると今より小さな家しか建てられない」と不動産屋から聞いていたからです。そんなときに、「理想の住まいプランニング」の記事を新聞で見付け、参加してみることにしました。
どんな印象をもちましたか?
O様
家づくりの初期段階は建主側に予備知識がないので、どこにどうやってアプローチしたらよいのか分からないものです。特に建築家は敷居が高くてコンタクトを取りづらい。うちの場合、敷地が変形ということもあり、ハウスメーカーに適した物件ではないだろうと考えていたので、建築家の感触を知る上でもよい企画だと感じました。「とにかく参加してみよう」というのが当時の気持ちです。
建築家の提案はいかがでしたか?
O様
事前に事務局から送られてきたアンケート用紙に記入して、それをベースに考えてもらったプランを会場で見せてもらうのですが、こちらの要望が曖昧だと、先方がやりたい案になってしまうと感じました。今思うと、もう少し実現したいことの優先順位が明確になっていたほうがよいと思います。結果として、それぞれの建築家の得意分野をプレゼンしてもらった印象でした。
提案を受けた後はどうしましたか?
O様
プレゼンから10日後、三竹さんから「キルフェボン」というケーキ屋さんの写真が印刷された葉書が来ました。コンペのときに、「このお店みたいな外観やインテリアにしたい」と伝えていたので、こちらの意図を真摯に汲み取ろうとしていると感じました。この手紙がきっかけになって、三竹さんと改めてお会いすることになり、家づくりを依頼することになりました。
「理想の住まいプランニング」企画のメリットはどういうところにありますか?
O様
依頼先探しに取り組むきっかけとして、とてもよいと思います。特に建築家にはコンタクトしづらいのですが、この企画だと気軽に会えるのがいいですね。自分たちが分かっていない部分がクリアになるので、その点もよいと思いました。
建て替えをするかリフォームをするか根本的な部分で迷っていたのですが、設計者の方々から「あと何年住みたいですか?」「もう1人お子さんが生まれたらどうしますか?」などと質問されて、「なるほど、そうやって考えていけばいいのか」と参考になりました。
そして、「大規模なリフォームをするなら、建て替えたほうがよい」と皆さんが口を揃えておっしゃったので、気持ちが建て替えに傾きました。

 

当初のプラン内容
土地情報 第一種低層住居専用地域 面積 60.08m2
建ぺい率 60% 容積率 100%
角地緩和 10% 建築予定地域 埼玉県川口市
建築予定時期 2014年6月 リフォーム予算 1000万円
建築規模 リフォーム46.64m2
+増築10m2
公的融資 なし
設計依頼先希望 設計依頼先希望 家族構成 夫43歳、妻41歳、子供7歳
当初の提案プラン
当初のプラン模型

 

理想の住まいプランニング企画参加から施工完了まで

「理想の住まいプランニング」企画にエントリーする

ページ上部へ戻る